アシナガバチ駆除するならプロにお任せ【最新!蜂退治バイブル】

巣で種類を見分ける

作業員

ハチを発見した時には、まずハチの種類を見分ける必要があります。人間に被害をもたらすハチなのかチェックするのです。特に人間に対して攻撃するハチの巣の形は知っておくのが良いでしょう。アシナガバチの場合、基本的に巣板と呼ばれる部分は1段しかありません。ハチの子供を育てる場所と呼ばれている、育房室も外部から確認することが出来ます。巣の大きさもそこまで大きくなるわけではなく、最大でもご飯茶碗位でしょう。巣内が外部に露出していて丸見えなため、基本的にアシナガバチの成虫が巣の周りをうろついています。特に自分でハチ駆除をしようとしている人は、ハチの巣をしっかり見極めなければ大怪我をする恐れもあります。アシナガバチ駆除をする前に、まずはハチの巣についての特徴を理解しておくことが大切なのです。

業者に依頼する場合、最初の問い合わせの時点でハチの種類を尋ねられる場合があります。この時にアシナガバチやスズメバチというようにハチの種類を認識しておけばスムーズに話を進めていくことが出来ます。ハチの種類が分からない場合でも、駆除業者が調査してくれるので大丈夫です。アシナガバチ駆除をする場合、防護服や殺虫剤などを用意して作業を進めていきます。防護服を着用しなければ多数のハチに刺され、大怪我する恐れがあるのです。アシナガバチ駆除業者であればこれらの専門道具も全て兼ね揃えているので、スピーディー且つ的確にアシナガバチ駆除をしてくれるでしょう。最近では市販でもハチ駆除グッズは購入できます。しかし、ハチについての知識も無いまま自分で行なうのは危険です。アシナガバチ駆除をする時には、専門業者に依頼する方が確実で安全なのです。